金融ブラックだと公的融資は受けられないの?またその具体的な理由はなぜ?

ブラックリストと日本政策金融公庫

金融ブラックだと、民間銀行やノンバンクなどのビジネスローンはまず利用できないと思われます。

では、日本政策金融公庫や自治体の融資など公的融資に関してはどうでしょうか。

ブラックだと融資を受けられないのは、返済能力を疑問視されるからです。これが最大の理由でしょう。

返す当てのない人にお金を貸すところはありません。

日本政策金融公庫では、借入に際して申込書を提出しますが、その際に個人情報の使用について同意することが求められます。

保証協会付の融資でも個人情報の取り扱いについての同意書の提出は必要です。

つまり、これらの機関はいつでも自分の信用情報にアクセスが可能になるということです。

信用情報にアクセスされると、過去に消費者金融やクレジットカードなどのキャッシングで遅延や事故があった場合、一目瞭然でわかってしまいます。

だから、銀行やノンバンクで申し込んでも断られるのですが、公的融資の場合、必ずしも個人の信用情報にアクセスされるとは限らないようです。

一方、消費者金融などでは調査システムで自動的に調べられるので、ブラックだと直ちにアウトになります。

公的融資の場合、アクセスして調べられたとしても、金融ブラックだから100%アウトというわけでもないようです。

なぜなら、公的融資は事業に対する融資だからです。

申し込んだ個人ではなく事業に対する融資なので、個人の信用情報がブラック状態であっても、事業を評価されれば融資の許可が下りることは考えられます。

ただし、「可能性がある」というだけで、基本的には金融ブラックだと公的融資も難しいと思っておいた方がよいでしょう。

自分から過去の事故を申告しなくてもよいですが、過去の通帳明細や審査の面談で不審に思われたら信用情報にアクセスされることは間違いありません。

それで金融ブラックだと判明した場合は、いくら個人ではなく事業が対象だからといっても、悪い印象を与えることは確実です。

実際、最近の公的融資は以前に比べてかなり厳しくなってきたという印象があります。

銀行はNGでも公的融資はOKということはありましたが、今ではその逆もあり得るぐらいです。

個人の信用情報がどこまで重視されるかは、融資先によって、さらにいえば担当者によって変わると言ってよく、場合によっては何年も前のキャッシングの返済遅延がネックとなり融資NGになる可能性だってあるのです。

すでに金融ブラックの方はそれを認識のうえ、そうでない方なら今後も返済はきちんと徹底し、公的機関からの融資を検討しましょう。

【借金減額を実現】悩むのはもうやめて、任意整理で借金問題を解決しませんか?

借金を新たな借金で返す自転車操業は身を滅ぼすだけです。任意整理を行えば、過払金は無くとも将来の利息をカットすることは出来ます。

債務整理は時間との戦いです。生活破綻になる前に、一度無料相談をお気軽にご活用ください。
24時間365日受付 、全国対応です。

 
スポンサードリンク