債務整理とは?

債務整理とは

借金から解放される方法

債務整理とは借りたお金を返せなくなってしまった際に行うもので、必要な手続きを行うことで借金を減額、あるいは返済の義務そのものから解放されることができます。

事業に失敗した、多重債務に陥って利息が膨れ上がってしまった、などのケースで借金を返済できなくなってしまった場合に行われる方法です。

ただもちろん、借りたお金はしっかり返済するのが原則ですから、お金を返せなくなったからといって誰でも減額や帳消しが認められるわけではありませんし、認められるにしてもさまざまなハードルやデメリットが生じることになります。

このまま返し続けるか、債務整理を行うのか、どちらが妥当かをよく検討したうえで判断する必要があるのです。

いくつかの選択肢がある

そしてこの債務整理にはいくつかの選択肢があります。簡単に言えば借金をどれだけ減らすのかによって分けられます。

現在の借金の額では返済は難しいけれでも減額してくれれば何とか、というケースと、もうどうにもならず借金そのものを帳消ししてもらうしか選択肢がない、というケースではそもそもの方法が異なってくるわけです。

もっとも一般的に広く行われているのが任意整理です。

これは債務者と債権者が当事者同士で話し合いながら減額を行っていく方法で、お互い妥協点を見いだしたうえで最終的な借金の金額を決める形となります。

貸した側としては返済不能に陥るよりは、減額に応じることが多いのですが、その代わり減額される範囲は少なくなります。

ただ裁判所などの強制力を伴う解決ではないため、マイホームなどの財産を処分しなくていい、官報などの形で債務整理の事実が公表されないといったメリットが得られます。

一方もっとも広く知られているのが自己破産です。

借金の全額を帳消しする方法で、まさに最後の選択肢といえるものです。

厳しい取立てや日々の生活のプレッシャーから解放される方法としても優れていますが、当然デメリットも多々あります。日常生活に必要な最低限のものを除いて財産(原則20万円以上)を処分して返済にあてなければなりませんから、マイホームを持っている場合は手放さなければなりません。

官報に掲載される、裁判所の手続きが必要、さらにギャンブルなど不適切な形で借金を重ねた場合には認められないこともあります。

債務整理には他にもマイホームを手放さずに借金の大幅な減額ができる個人再生などの選択肢もあります。

自分にとってどの選択肢がもっとも適切なのかを選ぶのも大事なポイントです。基本的には弁護士・司法書士に依頼し、過払い金の有無なども計算したうえで手続きを進めていくことになります。

【借金減額を実現】悩むのはもうやめて、任意整理で借金問題を解決しませんか?

借金を新たな借金で返す自転車操業は身を滅ぼすだけです。任意整理を行えば、過払金は無くとも将来の利息をカットすることは出来ます。

債務整理は時間との戦いです。生活破綻になる前に、一度無料相談をお気軽にご活用ください。
24時間365日受付 、全国対応です。

 
スポンサードリンク