なぜリボ払いが返せなくなるのか?

リボ払い

リボ払いは分割払いと異なり、毎月の返済額が一定です。

ですから、追加でお金を借りたとしても、月々の返済額は変わりません。

一方、分割払いのほうは返済回数が固定なので、追加で借りると1回の返済額が増えます。

返済額が増えると、借金をしていると意識が強くなるので、借り入れを控えるようブレーキになります。

ところが、リボ払いはいくら借りようと返済額が同じなため、借金を増やしているという意識が薄れ、その結果借りすぎて返済が出来なくなってしまうのです。

一括払いやボーナス払いなら手数料はかかりませんが、リボ払いの場合は金利手数料がかかります。

しかも年15%程度とかなり高い金利になっています。

金利が高いのに月々の返済は少なく、返済期間が長期化するため、利息はどんどん増えていきます。

たとえば、クレジットカードで、毎月1万円の買い物をして、3,000円ずつ返済するとします。

しかし、差額の7,000円は返済されないままなので、これを続けていくと1年で84,000円の負債ができます。それに加えて高い利息も支払わなければなりません。

このように、いつまでたっても完済できず、気づいたころには膨大な借金を抱えているという状態になってしまうのです。

【借金減額を実現】悩むのはもうやめて、任意整理で借金問題を解決しませんか?

借金を新たな借金で返す自転車操業は身を滅ぼすだけです。任意整理を行えば、過払金は無くとも将来の利息をカットすることは出来ます。

債務整理は時間との戦いです。生活破綻になる前に、一度無料相談をお気軽にご活用ください。
24時間365日受付 、全国対応です。

 
スポンサードリンク