マイホームを失わない為にできること。徹底比較!個人再生とリースバックはどっちがお得?

リースバック

個人再生とは、住宅を売却処分することなく、住宅ローンなどの債務を法律の力で整理する方法です。

リースバックとは、住宅など保有する不動産を任意売却して債務を整理してから、賃料を支払って売却した物件を引き続き売主が利用する方法です。

どちらもマイホームを失わずに債務が整理できる方法ですが、両者ともに利用条件があります。

個人再生のメリット・デメリット

個人再生では、裁判所を通じて債務を約5分の1に圧縮し、それを3年間で返済していきます。借金がすべて免除される自己破産と違って、住宅や車などの財産を維持できるのが特徴です。

また、自己破産ではギャンブルや浪費による借金を免責として認めてもらうのは困難ですが、個人再生では借金の理由を厳しく問われないのも特徴です。

ただし、継続的な収入があることが利用の条件であり、借金の減額後、毎月3万円程度は返済できる能力が必要でしょう。また、借金が住宅ローンを除いて5000万円以下という条件もあります。

デメリットとしては、借金の完済から5~10年は信用事故情報として記載されるので、新たにローンを組んだりクレジットカードを作ったりできなくなることです。

また、住所と氏名が官報に掲載されるのも人によってはデメリットになり得ます。

参考:どこよりも分かりやすく解説!個人再生手続き100%まるわかりガイド

リースバックのメリット・デメリット

リースバックは、不動産会社に自宅などを売却した後、その不動産会社に対して賃料を支払うことで引き続き住まわせてもらう方法です。

この方法は債務整理以外の目的でも利用できるので、まとまったお金が必要な時に便利です。

たとえば、事業資金への活用や、老後に介護施設に入居するまでの間の生活費の捻出といった目的にも利用できます。

また、自宅を手放す必要がないだけでなく、単に住宅を売却するのに比べ、買い手を探す必要がなく、現金を手にするまでの期間が短いのもメリットです。なお、リースバックは住宅の買い戻しも可能です。

このように見ると、リースバックの方がメリットが大きいように思えますが、実際に利用するにはいくつもの条件をクリアしなければなりません。

まず、住宅ローンの残債がその住宅の売却価格より小さくないとリースバックの利用は困難です。

ローンが2000万円残っているのに売却価格が1000万円という場合は、抵当権が解除できないため、そもそも利用できません。

また、売却価格は周辺の相場より安くなることが多く、売却後の賃料は周辺の家賃相場より高くなることが多いというのもデメリットです。

リースバックが利用できるなら個人再生よりお得な面はありますが、リースバックを扱う不動産会社は極めて少なく、条件的に厳しいのにリースバックを持ちかけてくる悪徳業者も存在するので注意が必要です。

【借金減額を実現】悩むのはもうやめて、任意整理で借金問題を解決しませんか?

借金を新たな借金で返す自転車操業は身を滅ぼすだけです。任意整理を行えば、過払金は無くとも将来の利息をカットすることは出来ます。

債務整理は時間との戦いです。生活破綻になる前に、一度無料相談をお気軽にご活用ください。
24時間365日受付 、全国対応です。

 
スポンサードリンク