サラ金業者の取り立てって具体的にどんな感じ?

サラ金の取り立てと裁判

マンガなどの影響で消費者金融の取り立ては怖いものというイメージがあります。

家に押しかけれ、しまいには「マグロ漁船に乗せられる」「風俗に売られる」「臓器を売ることを強要される」などのイメージを持っている人もいるかもしれませんが、貸金業法の許可を得て営業する消費者金融業者ではこのようなことはありません。

アイフル、プロミス、アコムなど有名な業者では怖い取り立ては絶対にないので安心してください。

とはいえ、取り立てが全くないわけではありません。

怖くないからといって時効を期待して返済しないでいても、業者は法律に則った方法で取り立てを行うため、まず逃げられることはないでしょう。

消費者金融業者の取り立ては段階を経て行われます。具体的な方法を以下に紹介しましょう。

まず、郵便や電話での督促から始まります。

ただし、具体的な業者名を出して督促することはないので、他人に知られる心配はこの時点ではありません。

事情を説明し必ず返済すると誠実に対応すれば、大事になることはないでしょう。

返済が遅れると分かっている場合は事前に連絡しておくと、職場に電話がかかってくる心配もありません。

ただし、郵便や電話での督促に応じないと、取り立てはエスカレートします。

次は訴訟についての書面が届きます。

返済に応じないのであれば、裁判で差し押さえるという旨の文書が届きます。

ほとんどの人はこの段階で返済に応じるのですが、本当に裁判なんて起こすはずないと無視すると、実際に裁判にかけられることは確実です。

訴訟についての文書に応じないと、次は債権回収会社から連絡があるか、裁判所から訴状が届くかです。

実際に裁判を起こすには手間も時間もかかるので、業者としてもなるべく別の方法を選択します。

それが債権回収会社への取り立ての依頼です。債権回収会社の取り立ても法律に則った方法ですが、決して諦めてくれることはないので、返済しない限り督促は永遠に続きます。

それでも応じなければ、本当に裁判を起こされます。

裁判所に出頭し言い分を主張しなければなりませんが、出頭さえ無視するようだと相手の言い分が完全に採用されて、すぐに財産の差し押さえが始まるでしょう。

差し押さえ通知が届くと逃げることは100%不可能です。

給料や財産が強制的に回収されてしまいます。

ここまでくると、遅延損害金も発生しているため、支払額は相当なものになっているはずです。

こうなると、他人に知られないままということも不可能なので、財産だけでなく社会的な信用も著しく失うことになるでしょう。

【借金減額を実現】悩むのはもうやめて、任意整理で借金問題を解決しませんか?

借金を新たな借金で返す自転車操業は身を滅ぼすだけです。任意整理を行えば、過払金は無くとも将来の利息をカットすることは出来ます。

債務整理は時間との戦いです。生活破綻になる前に、一度無料相談をお気軽にご活用ください。
24時間365日受付 、全国対応です。

 
スポンサードリンク