金融庁の規制で即日融資はなくなるのか?

銀行融資

即日融資は申込日の当日に融資を行うサービスを意味します。

これまで銀行や消費者金融など、金融機関の多くがこの即日融資に対応しており、すぐにお金を借りたい人のニーズを満たしてきました。

しかし、現在、金融庁の規制により、2018年の1月から銀行カードローンの即日融資が停止される見通しになっています。

規制が見通しの通りに実行されれば、それ以降は銀行から即日でお金を借りることが不可能になります。

規制の理由は融資希望者の情報を警察庁のデータベースで照会し、暴力団などの反社会勢力との取引を遮断するシステムを構築するためです。

また審査に時間をかけることで、銀行カードローンで問題視されている過剰融資を防ぐ目的もあります。

そのため、即日融資ではなくとも、多重債務を抱えている人は銀行カードローンを利用しにくくなる可能性があります。

近年は銀行カードローンの拡大により、過剰融資によって債務整理を行わざるを得なくなる債務者が増えているので、その縮小化を狙った規制です。

しかし、金融機関から即日融資が完全になくなるわけではありません。

銀行カードローンは駄目でも、消費者金融の即日融資は上記の見通しが実行された後でも利用可能です。

本当に即日融資を受けられる為の条件とは?

一両日中にまとまったお金を工面しなければならない時には即日融資のサービスがある消費者金融が便利です。

消費者金融だけでなく、一部の銀行でも即日融資に対応しているところはあります。

即日融資受けるための条件は、信用情報機関に事故の情報が登録されていないこと。

債務整理や延滞の記録が残っていると大手小消費者金融や銀行からは即日借入ができません。

消費者金融は総量規制の対象になっているので、すでに貸金業者からの借入金の総額が年収の3分の1に達している場合は新たな借り入れはできません。

また、即日融資の場合は14時まであるいは15時までに契約手続きが終わらないと融資は翌営業日以降になります。

ですから、早めに申し込む必要があります。

即日融資を受けるためには在籍確認も取れなければなりません。ただ、消費者金融によっては、在籍確認が取れなくても最初にカードだけ発行して確認が取れた時点で使用できるようになっていることもあります。

切羽詰まっていて焦っていると申し込みフォームに誤って入力してしまうこともあるので、確認してから送信するようにしましょう。

内容が事実と異なっていると即日融資を受けられません。

また、他社からの借入金の総額や借入件数も正確に申告する必要があります。

消費者金融は信用情報機関にその人の信用情報を照会しますので嘘を書くとすぐにわかってしまい、即日融資を受けられません。

【借金減額を実現】悩むのはもうやめて、任意整理で借金問題を解決しませんか?

借金を新たな借金で返す自転車操業は身を滅ぼすだけです。任意整理を行えば、過払金は無くとも将来の利息をカットすることは出来ます。

債務整理は時間との戦いです。生活破綻になる前に、一度無料相談をお気軽にご活用ください。
24時間365日受付 、全国対応です。

 
スポンサードリンク