融資詐欺事例集

融資詐欺

融資詐欺の中には「保証金振り込み詐欺」というものがあります。

これは最初にダイレクトメールを送り勧誘し、消費者が申し込みをすると「融資をするが、その前に保証金を支払うように」と要求する詐欺です。

また、融資に当たって入金実績が必要と言って現金を振り込ませる場合もあります。

銀行員や銀行協会の職員、警察官等を装って現金をだまし取る詐欺もあります。

手口としては、「危険から守るためにあなたの口座を凍結します」または、「お客様の預金通帳を発見しました」などと言って、取引銀行や暗証番号、口座番号、暗証番号を聞き出そうとします。キャッシュカードを預かるという場合もあります。

また、全国銀行個人信用情報センターの職員を装い、「カード情報が漏れている」と言ってクレジットカード番号等を聞き出そうとする詐欺もあります。

センターの職員がクレジットカードの番号を聞いたり現金を要求するようなことはありません。

また、義援金の募集を装った振り込め詐欺もあります。実在の団体や公的機関の名前を使って、電話や訪問という方法で災害支援基金へ協力を求めます。

また、被災地の親類を装って、「親族みんなで義援金を送ることにしたから」などと言ってお金を振り込ませようとします。

【借金減額を実現】悩むのはもうやめて、任意整理で借金問題を解決しませんか?

借金を新たな借金で返す自転車操業は身を滅ぼすだけです。任意整理を行えば、過払金は無くとも将来の利息をカットすることは出来ます。

債務整理は時間との戦いです。生活破綻になる前に、一度無料相談をお気軽にご活用ください。
24時間365日受付 、全国対応です。

 
スポンサードリンク