こんな取り立ては違法です。

違法取り立て

貸金業者による取り立ての仕方は貸金業法という法律で規制されています。

法律ができる以前は悪質な取り立ても横行していたのですが、現在はこの法律があるので、映画やドラマの中の業者のような乱暴な取り立てはできないようになっています。

具体的にいうと債務者の生活や仕事などを妨害するような取り立ては違法な取り立てです。たとえば正当な理由がなく、深夜~早朝にかけての時間帯に債務者に電話・FAXをしたり、自宅に訪問したりしてはいけないようになっています。

深夜~早朝の時間帯は通常寝ている時間なので、この時に取り立てをすると債務者の睡眠を妨害することになるわけです。

正当な理由があれば深夜~早朝にかけての時間帯での電話・FAX・自宅訪問も可能ですが、この正当な理由について法律で明確に決まっているわけではありません。

たとえば日中に債務者と一切連絡が取れなくなっている状態であれば正当な理由になる可能性があります。

それから正当な理由がなく、債務者の自宅以外の場所(たとえば勤務先など)に電話・FAX・訪問することも違法な取り立てです。

これは債務者の自宅以外の場所に貸金業者が関わることで債務者以外の人を煩わせたり、借金の事実を本人以外の人間に知らせたりすることを防ぐためです。

特に借金の事実を債務者本人以外の人間に知らせることは厳しく禁じられており、張り紙や立て看板などで返済の督促をするようなこともNGとなっています。

深夜~早朝以外の時間帯なら取り立て自体は可能ですが、大声を出したり、脅したりするのは違法です。

暴力をふるうのは違法うんぬんの前に犯罪なので、非常に大きな問題となります。

ちなみに正当な理由なく短時間に何度も繰り返し取り立てを行ったり、債務者が退去を望んでいるにも関わらず、いつまでも自宅に居座ったりすることも違法な取り立てです。

また貸金業者が取り立てを行う時、当然ながら債務者の返済を求めるわけですが、その求め方によっては違法となります。

たとえば債務者が新たに別の貸金業者から借金をすることで返済を求めるのは違法ですし、債務者以外の家族や知人が代わりに返済するように求めるのも違法です。

ただし、後者の場合、その家族や知人が債務者の連帯保証人になっているのであれば別です。

もっとも、連帯保証人だったとしても正当な手続きで支払いを求めなければならず、債務者に圧力をかける脅し文句として使うことはできません。

【借金減額を実現】悩むのはもうやめて、任意整理で借金問題を解決しませんか?

借金を新たな借金で返す自転車操業は身を滅ぼすだけです。任意整理を行えば、過払金は無くとも将来の利息をカットすることは出来ます。

債務整理は時間との戦いです。生活破綻になる前に、一度無料相談をお気軽にご活用ください。
24時間365日受付 、全国対応です。

 
スポンサードリンク