生活費が足りなくなるのはなぜなのか?生活費が足りる生活へするにはどうすればいい?

生活費

たまに「今月は苦しい」というのではなく、常に生活費が足りなくなるという人は、根本的な思考や生活習慣に問題がある可能性が高いです。

生活費が足りなくなるという状況は、収入より支出が上回っているという状況ですが、それを改善するには収入を増やし支出を減らすしかありません。

ただし、思考や習慣が改まらないと、そう理論通りにはいかないものです。

そこで、常に生活費が足りなくなるという人の特徴を見てみましょう。

借金の習慣がある人は危険です。

家族や友人に借りる、消費者金融から借りる、給料を前借するなど、借金にもいろいろありますが、いずれにせよ現状を認めず、ほかからのお金を当てにしているようでは、収入を増やそうという努力も節約意識も高まらないため現状を抜け出すことは難しいでしょう。

なかにはATMでお金を下すような感覚で借金をする人もいます。

まずは借金をしないことを心に誓いましょう。

借金でやり繰りする癖が付くといつまで経っても生活は楽になりません。

自分の収入の範囲でやり繰りする癖を付けることが大切です。

見直せる支出は見直すことが支出を減らす第一歩です。

食費、住宅費、光熱費など節約しようにも限界がある出費がありますが、その詳細をよく確認すると節約できる余地が見つかるものです。

たとえば携帯電話の通信料です。

契約時のまま必要ないオプション料金を支払い続けていないでしょうか。

また、どうしても支出が減らないという時は、住宅費を見直す必要もあります。

一般的に住宅費は収入の3分の1が妥当だと言われています。

それを上回るような家賃のマンションに住んでいるなら、転居を検討した方がよいでしょう。

また、収入の4分の1ぐらいまでなら生活レベルを落とさずに減らすことも可能です。

一般的に支出のなかで最も高い割合を占めるのが住宅費ですので、ここを減らすことができれば、月々の生活に大きな余裕が生まれると考えられます。

交際費も見直してみましょう。

飲み会や冠婚葬祭など人付き合いのための出費も必要な生活費の一部ですが、自分の収入レベルに合っていない度を越した付き合いは危険です。
また、交際費がかさむという人は、外食や買い物など出かけた時についお金を使ってしまう傾向があります。

すぐ自動販売機でジュースなどを買ってしまうというのも、小さな出費ながら塵も積もれば山となります。

合計すると年間数十万円にも上る出費になることもありますから、家計簿を付けて日々の出費を管理するなど適切な対策を講じることが大切です。

【借金減額を実現】悩むのはもうやめて、任意整理で借金問題を解決しませんか?

借金を新たな借金で返す自転車操業は身を滅ぼすだけです。任意整理を行えば、過払金は無くとも将来の利息をカットすることは出来ます。

債務整理は時間との戦いです。生活破綻になる前に、一度無料相談をお気軽にご活用ください。
24時間365日受付 、全国対応です。

 
スポンサードリンク