キャッシングの審査が通る条件の目安

キャッシングの審査

キャッシングの審査基準には色々なものがあります。たとえば「収入」は必ず知っておきたい審査基準です。

審査に通るためには収入の高さよりも安定性があるかどうかが目安となります。たとえ過去に年収1,000万円以上の年があったとしても、今年の年収が0円では評価が低いです。

ちなみに個人が借りるキャッシングには総量規制が適用されます。総量規制が適用されると年収の3分の1以上の金額を借りられなくなるので、収入がいくら安定したとしても最高でも年収の3分の1が借入総額の限度です。

ただし、キャッシングではなく銀行ローンや住宅ローン、カーローンなどの場合は総量規制の対象になりません。

それからキャッシングの審査では「現在、何社から借金をしているのか」がチェックされます。すでに3社以上の金融機関から借金をしている場合、審査に通らないことが多いです。

というのも、3社以上の借金があると返済の管理がしにくいですし、借入総額が大きくなって完済できなくなる可能性が高いからです。

ただし、住宅ローン、カーローン、クレジットカードのショッピング枠といったサービスについてはキャッシング審査では借金という扱いにはなりません。

他にも「仕事」は重要なキャッシングの審査基準です。

仕事は正社員・公務員の方が審査での評価が高く、アルバイトやパート、自営業だと評価が低くなります。

しかし、利用限度額が低くなるだけで一定以上の収入があれば正社員・公務員ではなくても審査自体には通ることが多いです。

それから「仕事」の審査では勤続年数が重要になります。勤続年数はもちろん長ければ長いほど審査に通りやすくなります。

一般的なサラリーマンの場合、3年以上の勤続年数であれば十分です。勤続年数が3年未満になるといつ辞めるかがわからないので、貸す側としても不安になります。

また「住居」もキャッシングの審査でチェックされるポイントです。最も審査に通りやすくなるのは本人名義の一戸建て・分譲マンションです。

なぜ本人名義の一戸建て・分譲マンションがいいかというと、キャッシングの返済が困難になった時に持ち家があると逃げづらいからです。

ただし、収入に比べて多額の住宅ローンが残っている場合は審査に通りにくくなるので、そこは注意しましょう。

本人名義ではなく家族名義であったとしても持ち家であれば審査に通りやすくなります。

官舎・社宅も同様ですが、賃貸や公営住宅についてはそこまで有利とはいえません。

【借金減額を実現】悩むのはもうやめて、任意整理で借金問題を解決しませんか?

借金を新たな借金で返す自転車操業は身を滅ぼすだけです。任意整理を行えば、過払金は無くとも将来の利息をカットすることは出来ます。

債務整理は時間との戦いです。生活破綻になる前に、一度無料相談をお気軽にご活用ください。
24時間365日受付 、全国対応です。

 
スポンサードリンク