カードローンの債務整理はできるのか?

債務整理

カードローンはローンカードで借入・返済手続きを行える仕組みのローン商品です。

最初に審査で利用限度額が決まり、後はその利用限度額の範囲内で何度でもお金を借りられる特徴があります。

無担保で少額から借りることができるので、ついつい借りすぎてしまい、後で返済が難しくなるケースも多いです。

カードローンを扱っている金融機関は銀行、消費者金融、クレジットカード会社などさまざまです。しかし、いずれの金融機関の場合も返済が困難になれば債務整理を行うことができます。

債務整理は自分一人で行うこともできますが、法的手続きの専門家である弁護士や司法書士のサポートを受けた方が間違いがありません。

消費者金融、クレジットカード会社のカードローンで債務整理を行う場合は弁護士や司法書士に依頼すればスムーズに話を進めていくことができますが、銀行カードローンの場合は注意点があります。それは銀行口座の問題です。

銀行カードローンは銀行口座を使って借入・返済をすることが多いです。その銀行口座は新たに開設したものでもいいですが、すでに開設済みのものをカードローンに利用することもできます。ただし、その場合、普段の生活で利用しているお金もその口座に入っている可能性があります。

問題なのが債務整理を行うとカードローンで使っていた銀行口座が凍結するおそれがあることです。

凍結した口座はお金を引き落とすことができないので、債務整理後の生活に影響が出ます。そのため、債務整理を行う時は事前に対象の銀行口座の中のお金を全額引き出しておくことが大切です。

またカードローンで使っていた銀行口座に会社の給与が振り込まれている場合は勤務先に連絡して給与振込先を変更する必要があります。

弁護士や司法書士に債務整理の相談を行えばこの点も詳しく説明してくれます。

そのため、銀行カードローンで債務整理をするからといって債務者が特別苦労することはありませんが、一応頭の隅に置いておくといいでしょう。

カードローンで返済が困難になる原因の多くは「利息」です。たとえ元金がそれほど多くなかったとしても、利息が積み重なることで気が付けば返済額が巨大になっていることも珍しくありません。

たとえば債務整理のひとつである任意整理はその後にかかる利息を免除できるので、債務整理を行えば完済を目指しやすくなります。

ただし、債務整理は相手の金融機関が合意することが重要で、反発した場合はその後の利息が免除されないこともあります。

【借金減額を実現】悩むのはもうやめて、任意整理で借金問題を解決しませんか?

借金を新たな借金で返す自転車操業は身を滅ぼすだけです。任意整理を行えば、過払金は無くとも将来の利息をカットすることは出来ます。

債務整理は時間との戦いです。生活破綻になる前に、一度無料相談をお気軽にご活用ください。
24時間365日受付 、全国対応です。

 
スポンサードリンク