過払い金が戻ってこないケースってどんな場合?

過払い金

過払い金返還請求の時効は10年です。ですから、10年前に完済した借金があって、その借金に過払い金があったケースでは、時効が成立して返還請求権が無くなっている可能性があります。

ただし、10年間の時効期間が始まるのは、取引が終了した時です。

仮に10年前に借金を完済して、その後再び同じ業者からお金を借りている場合は、まだ取引が終了していないとみなされ、時効の時期が延びることもあります。

過払い金が戻ってこない別のケースは、貸金業者が倒産した場合です。

過払い金請求をすることはできますが、時間も手間もかかり、戻ってくる過払い金は本来もらえるはずの金額に比べるとはるかに少なくなります。

ですから過払い金が発生しているなら、会社が倒産する前に早めに請求するのが最善です。

クレジット会社に請求をする際には、ショッピング枠に残債があると、過払い金が現金としては戻ってきません。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、キャッシング枠で過払い金があっても、ショッピング枠で利用残高があれば、両者の間で相殺されるのが一般的です。

相殺された結果として、ショッピング枠の残高が減ったり0になることもあります。

【借金減額を実現】悩むのはもうやめて、任意整理で借金問題を解決しませんか?

借金を新たな借金で返す自転車操業は身を滅ぼすだけです。任意整理を行えば、過払金は無くとも将来の利息をカットすることは出来ます。

債務整理は時間との戦いです。生活破綻になる前に、一度無料相談をお気軽にご活用ください。
24時間365日受付 、全国対応です。

 
スポンサードリンク